FANTASY ROAD
 

FantasyRoad~物語~


文明が発達し多くの人々が豊かな生活を送れるようになった世界。小型パーソナル端末を持っていれば会計、個人間での情報、金銭のやり取り、手作業であった事が全てオートメーション化され、ボタンひとつ、クリックひとつで可能となるになった。

 中には、軽量型された個人飛行スーツなども開発され、自由に空を飛ぶ事さえ出来る。

 その一方、科学の進歩に一端した結果、地球上の天然エネルギーが枯渇、領土を巡った大国間での大規模戦争。貧困、文明格差が著しくなった今日。発展と引き換えに惑星そのものの存続を危ぶまれる事となってしまう。


そこで、危機感を抱いた人類はひとつ打開策を打ち出した。


FantasyRoad』


地球上を真っ二つに縦断する大陸。

  海を2つに割り、山のように高くそびえ立つ人類が足を踏み得れた事の無い未開の地。


 そこには『天然資源が泉の様に湧き出ている』『新種生物の宝庫』『人類に最適な気候』『100年先の科学文明が眠っている』などと、人々の間でまことしやかに囁かれる。



 ある日、ファンタジーロード最南端に最も近い島『スターティナ』で、戦争強国ウァーズ軍から重大発表が行われるということで世界の注目の的として町は賑わっていた。


 各国から沢山の観光客も集い、大いに盛り上がっている。

ファンタジーロードに最も近い島『理想郷への入り口』などと噂されているがスターティナに暮らす少年シエルは人類の行く末になどまるで興味なし。今を楽しく過ごせれば満足だと心から思っていた。


あまりに騒がしい町に呆れ返っていたが、どこを見渡してもお祭り騒ぎ。否が応でも島の中心部広場のビッグモニターに映し出される『重大発表』を聞く事に・・・

そこで発表されたのは・・・『ファンタジーロード攻略』